FC2ブログ

Like a rolling TUB! - 独占企業らしい対応 -

PCを入れ替えるべく準備をしております。
1月2日に初売りでMac Book Proを購入。
明日、アップルストアでお家のレッツノートからのデータ転送を御願いする予定です。

しかし、データ転送のためには24時間以上の預かりが原則になるとの事。
お家のネット環境がモバイルwifiだけでは不安。

ということで、家のフレッツ光のルータに無線カードを事前に頼んでおりました。
無線カードが届いたのが、発注から一週間たった日曜日。
月曜日の休日を使って設定。

と思ったら、カードに電源が入らない。
まずは、N○Tの窓口に電話。
10分以上待たされて、やっと繋がる。
状況を説明する。
「電源切ってから、接続しましたか?」「差し込む向きはあっていますか?」
と、取説が分かり難いから間違えかねないことの確認がある。
(流石に、こちらも技術文章を扱う商売だから、その点は間違えない)

リモートサポートによる設定が必要といわれて、
リモートサポートにかけなおす。
また、繋がらない。

やっと繋がったら、休日で対応が追いつかないとのこと。
仕方が無いし、火曜日の20時から22時で電話と遠隔で対応するとの事で諦める。

火曜日に残業を必死に切り上げて20時までに家に帰る。
たっぷりの仕事を残し、食事も取れず、コンビニからパン一つ買うことも出来ず家に帰る。

20時、電話が来ない。
20時半、電話が来ない。
21時、電話が来ない。
21時半、電話が来ない。
22時、電話が来ない。
22時半、電話が来ない。
23時、電話が来ない。

あきらめて、近所の焼き鳥屋さんで夕食をとる。
店に入ってファーストオーダーを入れた23時5分にN○Tリモートサポートから電話。

「すいません、遅くなりました!」
”すいません”って、時間じゃないだろう。
大の大人を3時間待機させる神経って、まともか?
当然、この時間から、家に帰って対応するわけにも行かず、
持ち越し。
あまりにひどい話なので、
水曜日にピンポイントで電話してもらう約束を交わす。

本日、水曜日も必死に20時半に帰宅。
ジャストに電話。
約束どおり。

ホッとしたのも束の間。
再度の確認。
「電源切ってから、接続しましたか?」「差し込む向きはあっていますか?」
だから、確かめたから!
とはいえ、あちらも御仕事だから、我慢して付き合う。

再起動中に、先方が保留にして調べ物をしている風情。

そして、驚きの一言。
「無線カードとルータが対応しているか、こちらで確認が取れません
最初のサービスにかけなおしてください!」

流石に、クレーム!
(「請求」という意味ではなく、「苦情」という意味のクレームです)
たらいまわしと単純ミスで、2日間の予定を拘束しておいて、
最初の確認不足とは何事かと!
そもそもルータもカードもN○Tからのレンタル品。
そっちが把握していて然るべきものなのに、何なんだ!

当然、幾ら言っても暖簾に腕押し。
形ばかり謝って、明日最初のサポートにかけなおせ!の一点張り。
(ふざけるなよ、N○Tリモートサポートの○○○)

分かったよ。
代替サービスがないから、仕方ないよ。
諦めるよ。
(半泣き)

明日から、PCが帰ってくるまでリモートのwifiルータが頼りの生活が始まります。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

春来亭小龍

Author:春来亭小龍
メーカー勤務の弁理士です。
落語家ならぬ知財業界の落伍者です。
おっさんです。
万年ダイエッターかつ万年婚活中です。

日本弁理士会と日本口琴協会に所属しています。
趣味でジャズサックスと倍音楽器(ディジュリドゥ、口琴)とPalmTopMusic(DS&ipad)をやっています。

美人と音楽と御酒が好きです。
ブスとバカと仕事が嫌いです。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR