FC2ブログ

Private Eyes. - 従業員が、経営者目線なんてもったなら -

三連休も終わりですね。
いつも行っている飲み屋さんがお休みのため、
病気の親の励ましと病状の確認の電話以外、
誰ともしゃべっておりません。
明日からは、仕事です。
仕事の事を考えると、凄い勢いで震えがきて、
奥歯がカチカチとなります。

仕事といえば、「経営者目線を持て」と偉い人からいわれたことありませんか?
私は、今の職場でも前の職場でもあります。

ここで気になること。
確かに、私は、従業者として、お給金をもらっています。
しかしながら、私は、「私という存在」の経営者です。
ここで、ブログを見ているサラリーマンの方も、
自分の人生のマネージャーであることに疑いの余地は無いでしょう。

ここで、自分のマネージャーとして、サラリーマンである自身の働き方を見てみる。

サービス残業って、契約の打ち切りをちらつかせながら、
料金踏み倒している取引先に他ならないんじゃない?
副業禁止というのは、「独占契約させて下さい!」という御願いだから、
割り増しで払ってもらって、しかるべきでしょう?
もらっている気がしないのだが・・・
給料を考えると、
そもそも、買い叩かれ過ぎてない?

などなどと考えると、自分の経営者として自分の働き方は、やってられないから、
経営者視点など、放棄するわけですよ。


そもそも会社役員のいう「経営者目線を持て」というのは、
「俺田との気持ちを汲んで、従業者の利益を放棄しろ!」という意味ですよね。
そんなことを口にする取引先とは、とっとと縁を切る!というのが、
自分自身の経営者としての本来の「経営者目線」だと思うのですが、如何ですか?

とはいえ、僕は無能だから、転職したくないから、飼い殺されて、明日も仕事に行きます。
皆さんも、年末のハードワークで身体壊さないように、お気をつけ下さい。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ




しかし、動画の研修のような分かりやすい洗脳(絶叫などの身体負荷、恫喝、過去の否定による既存の人格の崩壊)などには、
あっていないからマシなのかなかな?(←こうやって、今がマシと思わせるのも、洗脳の一つの手段)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

春来亭小龍

Author:春来亭小龍
メーカー勤務の弁理士です。
落語家ならぬ知財業界の落伍者です。
おっさんです。
万年ダイエッターかつ万年婚活中です。

日本弁理士会と日本口琴協会に所属しています。
趣味でジャズサックスと倍音楽器(ディジュリドゥ、口琴)とPalmTopMusic(DS&ipad)をやっています。

美人と音楽と御酒が好きです。
ブスとバカと仕事が嫌いです。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR