FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Take the 'A' Train - 厄除けに西新井大師にいってきました -

本日が仕事初めだったブログ主です。
本年も宜しく御願いいたします。

今年、前厄を迎える年となってしまいました。
あまり、縁起を担ぐ方でもないのですが、
流石に「身内に何か」などと脅されると怖くなるので、
昨日、厄除けに行ってまいりました。

しかし困ったことに何処に行けばよいのか?
さっぱりわかりません。
地元を離れているので、氏子の寺社があるわけではないので、
グーグル先生で検索。
アクセスが簡単そうな西新井大師にお伺いすることとしました。

メトロからスカイツリーラインに乗り換えて
西新井に到着。
その後、大師線に再度乗り換え。
折り返しの電車には、初詣の帰りと思しき集団で電車がパンパンです。
平日なのに、ちょっとびっくり。
さらに、大師前駅が無人駅なのにまたびっくり。
とりあえず、駅前から見える「参拝の方はこちら」の矢印に従って移動します。
(ほとんどの人は、従っていなかったのでショートカットがありそうなのですが、
逆に順路通りに進んだ方が空いているかも?と思っての行動です)

「入場専用」と書かれた門をくぐります。
時刻は、11時35分。
HPの情報によると次回のお護摩は12時半で、あと25分で受付を済ませなければならないようです。
受付所も、大混雑。
まず申込用紙が入手できません。
1人で申し込み用紙の冊子を独占し、
何通も書いて、さらには地方発送用の宛名を書いている方もいらっしゃいます。
場所を独占されていてイラッとしますが、
遠方に住まれている家族の方の幸せを思ってのことと思うと
私のような人間のクズであっても舌打ちせずに待つことが出来ます。

やっとのことで、申込用紙にありつき、混雑の中で記入。
次は、窓口に並びます。
11時55分に受付窓口に到着。
厄除けの祈願料は5000円から。
とりあえず、本厄の時にアップさせる可能性もあるから、
最低額にします。
「12時30分からなので、本堂一階脇の階段から、本堂に入ってください」
と言われます。

人ごみを縫うようにして向かうと分かりやすく看板が立っています。
看板に従ってたどり着いた本堂の一階には、人人人。
人がギッチリならんでいます。
「これ本堂に入れるの?また、移動は間に合うの?」
おそらく入れない人が出た時のためと思われるモニタが用意されているのも理解できる状況です。
不安に思っていたら、12時過ぎにやっと列が動き始めます。


とりあえず、2階の本堂に到着。
靴袋を持って、何とか本堂と上り口の板の間の境目にスライディング着座。
本堂は、すさまじい密集具合です。
最初に座った態勢から足を組み替えることも出来ません。
(やはり後半しびれました)
しばらく待っていたら、12時20分過ぎから、
若いイケメンのお坊さんによる所作の説明。
本堂に入れなかった人への配慮として
「安心して下さい。効いてます。」
というとにかく明るいジョークも炸裂です。
(ここらへんの俗っぽさが意外と好きです)

12時30分から予定通り、お護摩が開始。
手を合わせて粛々と一年の平穏無事を祈念します。
途中の「念彼観音力」と唱えられる声で、
初めて御本尊が観音様であることに気づきます。
(御本尊など見えない位置だったしし、見えたとしても見分けがつきません)
約20分ほどで終わったのち、
お護摩札の受け取り方法の説明があります。
何やら高い札をお願いした人は、本堂のすぐそばで受け取れて、
安い札の人は、本堂裏の受け渡し所で、50音別に並べてあるので、
間違えないようにピックアップして行け!との事です。
ここら辺の金次第の俗っぽさもやっぱり好きです。

当然、最低額のお願をお願いした私は、本堂裏に回ります。
足がしびれまくっているので、階段が恐怖です。
しかし、観音様の御利益か無事に降りられます。
本堂裏の受け渡し場所は、かなりの広いスペースに50音別にラックが用意してあり、
お護摩が終わったばかりの人のものが一番上の段においてあります。
(下の段に残されたお護摩札があるということは、
受け取り忘れの方もいらっしゃるのでしょう)

なんとなくほかの人の物は見てはならないような気がしながら、
自分の物と間違えると罰が当たりそうなので「しっかりとチラ見」しながら、探します。
ちゃんとありました。
そこから回収後、備え付けの紙袋に納めて、帰宅。
しっかりと本棚の上にお祀りしました。

良い一年に!とまでは言いませんが、
穏やかで出来るだけ実りある年にしたいものです。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

春来亭小龍

Author:春来亭小龍
メーカー勤務の弁理士です。
落語家ならぬ知財業界の落伍者です。
おっさんです。
万年ダイエッターかつ万年婚活中です。

日本弁理士会と日本口琴協会に所属しています。
趣味でジャズサックスと倍音楽器(ディジュリドゥ、口琴)とPalmTopMusic(DS&ipad)をやっています。

美人と音楽と御酒が好きです。
ブスとバカと仕事が嫌いです。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。