FC2ブログ

rareがrareに ー明日から、豚刺しが禁止ですー

今週、体調を崩しているブログ主です。
明日の倫理研修が心配です。
(その後に、同期会も企画しているのに)

体調が悪いせいで、最後の名店での豚刺しツアーが出来ませんでした。
ニュースでご存知の通り、明日6月12日から豚レバ刺しを含む豚の生食が禁止となります。
食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件につい


豚の生と聞くとギョッとされる方もいらっしゃると思いますが、
東京の東側や関西の一部ではよく召し上がられてきた食べ物です。
下町のもつ焼き店では、定番メニューでした。
一部、「牛レバー刺しがなくなったことでの代替として広まった」という記事などもありますが、
はっきりいって、大間違いです。
確かに牛レバーの規制によって取扱店が増えたのは事実であり、そのためにリスクが拡大されました。
しかし、それは、過剰な規制のせいで生じた問題ではないでしょうか?

牛や豚の生食に関わるエリアの違いや歴史を正確に語るのは、
と畜に関する背景の複雑さから非常に困難であると思われます。
豚の生食には、確かに衛生面の問題もありますが、
リスクを低減する独自の処理もあったように伺っています。
一部地域で愛されてきて独自に進化した食文化が、
数年前からの過剰な規制の風潮で失われたこと悲しくてなりません。
本当に残念です。


自分は、お世話になっている方の紹介で、森下の名店「三徳」に伺った時のことです。
「適当にバランスよく頼んで!」と言われて、
”子袋刺し”と”玉刺し”をオーダーしたところ、
「バランスの意味が違う!」と突っ込まれたのが良い思い出です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
スポンサーサイト

コメント

No title

倫理研修の打上げという割に、受講者は二人だけで少数派でしたね。研修内容は同期に話すなだし。
 SPF豚は普通豚より高かったけど、今日から同じ値段になるのでしょうか

No title

>tanokoushiさま
コメントありがとうございます。
なかなか倫理研修で、知り合いと被らないものですね。
ちょっと盛り上がりに欠ける形で申し訳ありません。

SPF豚も、もともと加熱調理を推奨していたから、
影響はあまりなのでは?
「手間暇かけた健康な豚」というイメージも多少なりともあるかもしれませんね。
非公開コメント

プロフィール

春来亭小龍

Author:春来亭小龍
メーカー勤務の弁理士です。
落語家ならぬ知財業界の落伍者です。
おっさんです。
万年ダイエッターかつ万年婚活中です。

日本弁理士会と日本口琴協会に所属しています。
趣味でジャズサックスと倍音楽器(ディジュリドゥ、口琴)とPalmTopMusic(DS&ipad)をやっています。

美人と音楽と御酒が好きです。
ブスとバカと仕事が嫌いです。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR