FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

摂氏39.5度 -ひどい風邪をひいた-

もともと先々週の半ばから、軽くせき込んでいました。
疲れることが多かったから、仕方がないと思っていました。
先週火曜日からのお仕事再開。
時折、せきが続きました。
花粉症の悪化もあり、そのせいだと思っていました。


金曜日の朝。
だるいのは疲れのせいと思い、
久しぶりにジムにいけば逆にすっきりするかもなんて、考えてていました。
しかし、妙にだるくて、いつもの電車に間に合わず。
遅刻ギリギリになったため、全力疾走。
間に合ったものの、汗がダラダラ。
寒気がするのは、汗のせいだと思っていました。

夕方、だるさは悪化。
ジムに行くのは取りやめて、自宅近くの日高屋で晩御飯。
食事をとりつつ飲んでいたら、ハイボール(富士山麓)が4杯目から美味しくない。
これは、ヤバい。
急いで、帰宅。
速攻で、着替えて就寝。

夜中に寒気で何度も目が覚める。
こんなに寒気がするのは、1年前の低炭水化物ダイエット(体を壊して挫折)以来。
朝四時に、気になって体温を測ったら、まさかの38度越え。
病院があくまでひたすら我慢我慢。

朝9時過ぎに、近所の土曜日も診療してくれる内科を受診。
高熱にインフルを疑われるが、検査は陰性。
(忌引きも使ったから、インフルだったら3月は月の半分しか出社できないところだった)
ただの風邪でホッとしたけど、特効薬がない。
お薬処方されて一人とぼとぼと寮に帰りました。

途中で買い込んだポカリ○エットとあんぱんで、糖質と水分を補給。
(レンジもコンロもないため、暖かいものは家では食べられません)
ひたすら横になる。
病院に行ったせいで、39.5度まで体温は上昇。
冷えピタと食後の投薬。
あとは、薬が効くのをひたすら待って耐え忍びました。


起きているのか寝ているのかわからない時間を、何時間過ごしたか分からないが、
日曜日の朝6時には37度台まで体温は低下。
夕方の6時には、平熱の35度前半(平熱が低い体質)まで戻りました。

月曜日は、朝からフルに仕事をしています。
いつからお酒が飲めるかな?

季節の変わり目、皆様も健康にご注意ください。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
スポンサーサイト

コメント

お気をつけて

あまり無理すると、あとあと響きますよ。こういうときは、お酒を我慢してゆっくり静養してください。お大事に!
非公開コメント

プロフィール

春来亭小龍

Author:春来亭小龍
メーカー勤務の弁理士です。
落語家ならぬ知財業界の落伍者です。
おっさんです。
万年ダイエッターかつ万年婚活中です。

日本弁理士会と日本口琴協会に所属しています。
趣味でジャズサックスと倍音楽器(ディジュリドゥ、口琴)とPalmTopMusic(DS&ipad)をやっています。

美人と音楽と御酒が好きです。
ブスとバカと仕事が嫌いです。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。