FC2ブログ

お世話になりました  ー来年もよろしくお願い申し上げます。ー

先週、トレーニング中に脛の打撲で骨膜損傷を起こしたブログ主です。
ローキックしっかりカットしたのに、
それでもダメでした。

さて、昨日からお休みになりました。
4日までの休みですが、
本日から実家に帰ります。
実質、休めません。

今年は、私事で大きなことがあり、
正直かなり辛い一年でした。
それをなんとか乗り切れたのも、
皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。
来年も、できるだけ皆様と楽しい時間を過ごせる様に、
精進していきたいと思っておりますので、
よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

ありがとう、広島大学情報メディア教育研究センター ー Mac mailの不調と復旧 ー

本日は、同期のO先生主催の忘年会に行ってきたブログ主です。
予約のとれない池袋の火鍋、サイコーでした。

さて、私は、色々な予定を忘れないように、
Macのカレンダー機能を中心にスケジュール管理しています。
Gmailに当日の予定を送ってくれる機能を重宝しているのですが、
本日の飲み会の予定が朝のメールチェックで来ていません。
Mac本体で確認したら、サーバーオフラインの表示。
受信はできているのに?

困っていても、復旧している暇はありません。
iCloudでipadで予定を確認しながら、
1日の業務を終了させ、メインイベントの忘年会。
ipad漫談に対して、アンコールに次ぐアンコールでネタを3本もやる充実っぷり。
(自分で言うな!)

そして帰ってきて、メールサーバーを確認したら、
まだSMTPサーバーがオフライン。
なんでだろうと確認してもわからない。
Google先生に尋ねまくってたどり着いたのが、こちら。
Mac Mailでのメール送信が突然できなくなる

広島大学のサイト。
(広島大学は、よほどMacが普及しているのでしょうか?)
藁にもすがる思いで試したら、
無事復旧。
本当に助かりました。
わかりやすく広く情報を公開していただいている姿勢に感謝です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

勝手に改造 - カシオF91にNatoストラップを付けました -

生活必需品以外は、どんな安いものでも、
原則一週間以上の検討をしなければ購入しないブログ主です。
そのため、物を買う頻度は少ないのですが、
愛着から物が捨てられず、部屋が物であふれかえります。

さて、男性には、腕時計にこだわる人も少なくありません。
私は、高級時計には興味があるけど購入資金がありません。
だいたい高級時計に見合うライフスタイルを送っていません。
分刻みや秒刻みで追われる生活をしていると、
やはりデジタルが都合が良く、
更には頑強さも必要となります。
そのため、ここ数年はBaby-G(G-shockのボーイズ・ガールズライン)を愛用しておりました。
先日まで使っていたものもお気に入りだったのですが、
盤面にフェイスガードがついており、
ちょっとハードすぎる印象。
また、フェイスガードに「当たり」がついてきてメッキが削れており、
自分的には良いのですが、見る人のセンスによってはみすぼらしいとも見られかねない。
(それをいえば、デジタル時計すべてを”安物でビジネスパーソンはつけるべきではないという人もいるのですが…)

というわけで、代わりになる時計を探しておりましたところ、やっと見つけました。
それが、Casio F91W
安い(1000円前後)のに頑丈。
海外の話ですが、自宅で紛失した人が20年後の庭の工事で発見したら、
ほぼ問題無く動いていたというタフネスぶり。
http://sow.blog.jp/archives/1031236863.html
時間の正確性も含めた信頼性の高さから、
こんな人まで愛用。
(テロリストウォッチなんてありがたくないニックネームもあるくらい)
日本の技術に奉仕すべき、弁理士としては外せない逸品として、
ボーナスをつぎ込んで(笑)購入しました。

さて、せっかく入手したF91ですが、実はその頑丈さに欠点があるのに気付いています。
メカニズムや電池より先に、ウレタンバンドが劣化して断裂することがあるのです。
さらに、構造上バネ棒でなくはめ込みなのでベルト交換が難しいのです。
ベルト交換するなら買い換えろ!ということなのでしょう。

これではいけないというわけで、検討したところ、
ベルトをナイロンベルトに交換しているブログを発見。

自分も真似することにしますが、同じデザインのベルトは面白くありません。
ナイロンベルトと言えば以下のサイトでも取り上げられている
ジェームズボンドがサブマリーナにつけていたストライプにあこがれがあったので、
これを機会に購入です。
ベルトが時計の3倍の値段がします。
(それでも5000円以下)

もともとのウレタンバンドを外して、
むりやりナイロンストラップを通す作業は、
かなり面倒で1時間以上を費やしましたが、
何とか完成しました。
(無理やりすぎて、ストラップが痛みました)
ブログでお披露目したいのですが、
個人特定のリスクが挙がるため、内緒です。

また、捨てられない愛用品が出来てしまいました。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

Loud Minority ー2020年オリンピックロゴ撤回問題の持つ恐ろしさー

今年も残すところ後1か月を切りましたが、
皆さまお過ごしでしょうか?
私は、忙しさと部屋の乾燥で体調が悪いです。

さて、先日、以下のような記事が出ていました。
ネットユーザーが選ぶ2015年ワースト謝罪ランキング

職業柄、気になるのが3位の、「東京五輪エンブレム撤回問題」。
多くの専門家が指摘していらっしゃるように
どう見ても著作権法違反とは思えない案件だと思います。
(類似性も疑問がありますし、依拠性の立証などできるはずもなく、
そもそもパラリンピックロゴとの組み合わせを考えると、パクる方が無理があります)
説明の態度やその他佐野氏の他の作品の問題とをひとまとめにして、
五輪エンブレム自体も問題があるものとして認知されてしまったように見受けられます。

これは、すごく怖いことだと思うのです。
専門家の意見や真っ当な法律論がスルーされて、
加熱する世論だけで対応が決まっていく。
そして、そのような世論に配慮したがために、
逆に不合理な認識が、正当性を持ったかのように認識が形成されていく
結果、巻き起こったのが、
ネットや個別の嫌がらせといった世論による「私刑」です。

このような私刑を容認してしまう事や法律上なんら問題のないデザインに敬意を払えない知財リテラシーのなさこそ、
日本の恥だと思います。
そして、専門家からの情報の発信が世間に受け止めて頂けなかった現状を
弁護士・弁理士は重く受け止めるべきではないかと考えています。
そこで「佐野氏の2020年オリンピックロゴ自体には著作権法上の問題がある可能性は極めて少ない」という事を
重ねて主張していく必要があると考えて
本日のブログ記事とさせていただきました。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

プロフィール

春来亭小龍

Author:春来亭小龍
メーカー勤務の弁理士です。
落語家ならぬ知財業界の落伍者です。
おっさんです。
万年ダイエッターかつ万年婚活中です。

日本弁理士会と日本口琴協会に所属しています。
趣味でジャズサックスと倍音楽器(ディジュリドゥ、口琴)とPalmTopMusic(DS&ipad)をやっています。

美人と音楽と御酒が好きです。
ブスとバカと仕事が嫌いです。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR