fc2ブログ

これって、ソックリじゃないですか?―弁理士の日記念ブログ企画2023「知財がテーマのコンテンツ」―

さて、今年もやってきました弁理士の日。
ドクガク先生の企画と連動してお届けいたします。
弁理士の日記念ブログ企画2023へのリンクはこちらです。
https://benrishikoza.com/blog/benrishinohi2023/

今回のお題は「知財がテーマのコンテンツ」とのことですが、
私はこちらを紹介させて頂きます。
ラブカは静かに弓を持つ/安壇 美緒 | 集英社

著作権管理団体の職員が“無断”で楽曲を指導していることの疑われる音楽教室にスパイ行為を行うべく、
チェロの生徒として潜入するという「これって、あの事件とソックリ…」というお話です。

とはいえ、主人公の葛藤や周囲の人間模様や、個々人の人生観、仕事観、音楽観(著作権を含む)の相違が見事に描かれており、
エンターテイメントとしてバツグンに楽しめるものだと思います。
結末の感じ方は人それぞれだと思いますが、私自身が例の事件に思うところもあったせいか、極めて「ほろ苦く」感じられました。
ご興味がある方は、是非ともご一読下さい。


さて、今回のテーマである「知財がテーマのコンテンツ」とはずれますが、
「知財に関するお仕事が登場するコンテンツ」として、こちらも紹介させて頂きます。
黒後家蜘蛛の会〈1〉 - アイザック・アシモフ/池央耿 訳|東京創元社 (tsogen.co.jp)

この作品はミステリーの短編集です。
6人の参加者が晩さん会の席で毎回ゲストの持ち寄った謎を各々の知識を持ち寄って解こうとするのですが、
そう簡単には上手くいかず…
行き詰ったところで給仕が鮮やかに謎を解いてみせると言う、いわゆる「安楽椅子探偵」の名作です。

(なお、作者であるアシモフは、ロボット三原則を生み出したSFの大家でもあります)

この形式が成立するには6人の参加者における個々のキャラ立ちが必要となります。
自身の専門的な見地などユニークな視点からの示唆が無いと謎解きの議論が進行しません。
そのため、、メンバーは、作家、化学者、画家、数学者、暗号専門家と言ったメンツに交じって登場するのが、
何と「特許弁護士」なんですね。

なお、「特許弁護士って、何?」と思った小学生の私が、日本における近い商売が「弁理士」であることを知り、
20年以上経って思いがけず自らが弁理士となってしまった件については 「それはまた別の話(That's another story.)」 。
兎にも角にも、こちらも面白い短編集なので気楽に楽しんでいただければと思います。
ちなみに、名作だけあって短編ごとのオチが様々な作品で参考とされています。
特に第1話は、かの有名なアニメ映画のクライマックスの名台詞と「そっくり」です。
興味のある方は第一話だけでも読んでみてください。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ



ちなみに、オチのセリフがそっくりなアニメ映画のヒントはこちら。
スポンサーサイト



売れてるものが良いものなら ―日テレ水10ドラマ「それってパクリじゃないですか?」が本当に面白かった件―

この数か月間、知財業界以外の友人知人10人以上から「弁理士のドラマ観てますよ!」とのありがたい言葉をかけていただいたブログ主です。
(当然、自分は出ていませんし、作品にも関係していません)

日テレのドラマ「それってパクリじゃないですか?」全話をリアルタイム視聴しました。
(我が家に録画機器は無く、Huluなどにも入っていません)
水曜日22時以降のスケジュールを開けるというのは大変でした。
しかし、「観てよかった!」と心から言えるドラマでした。
色々なデフォルメはありましたが、本質的なところでは企業における知財実務の悩みをリアルに描きながら、エンタメに昇華されていたのは見事でした。
さらに最終話の怒涛の伏線回収の連続は、圧巻の一言です。
是非とも、続編に期待!と行きたいところですが、視聴率は厳しかったようです。
「それってパクリじゃないですか?」視聴率【一覧表&グラフ推移】主演:芳根京子


作品の良さとビジネス的な成功は別物というのは分かっているのですが、
原作良し、脚本良し、演者良し、と何拍子もそろっていても視聴率的に厳しかったのは、
やはり「知的財産」というテーマの“とっつきにくさ”にあったような気がしてなりません。
ちょっと寂しい最終回の感想になりましたが、
知財にかかる知名度アップへの努力は「To be continued」ですので、
日々消尽もとい精進したいと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


なお、そんななかで甲本ヒロトさんの「売れているものが良いものなら、 世界一のラーメンはカップラーメンだよ。」という言葉を思い出しました。
今回は、こちらの一部をブログタイトルとさせていただきました。


ドラマティック・レインードラマ「それってパクリじゃないですか」が本当に面白い件ー

気づくと弁理士生活が14年目に突入していたブログ主です。
年数としては中堅のはずなのに、毎日仕事で悩むことばっかりです。

とはいえ、弁理士を10年以上やっていると如何にドマイナーな商売かということは日々痛感するわけでして、
そのマイナーさゆえに周囲の協力を得るために四苦八苦することも少なくありません。
そんななか、ドマイナーなはずの知財部を舞台にしたドラマが4月から始まりました。
それってパクリじゃないですか?|日本テレビ (ntv.co.jp)
(今ならTverで過去放送の追っかけ視聴も出来るようです。)

原作も読みましたが、原作もドラマも私はとても楽しめましています。
エンタメ作品ですので当然、脚色してある面はあるように感じます。
(「あんな不愛想な企業内弁理士は自分も周りも苦労しちゃうよ」とか
「他社特許発明のSTFを一個だけ外しての非充足とする回避策(均等論には注意)とか真っ先に検討するだろう?」とか)
しかし、大事な部分はきちんと取材されて描かれているのがひしひしと伝わってきます。
何よりTVドラマと言うフォーマットの中で、
視聴者の人を置き去りにしないように分かりやすく知財用語などが説明されている工夫には
本当に頭がさがりますし、何より私自身の仕事の参考になります。
自分も継続して見続けますし、周囲にも視聴を勧めたいものです。

次回放送では庁内の面接室なんかも映るみたいです。
芳根京子×重岡大毅「それってパクリじゃないですか?」特許庁の庁舎内での撮影が実現 | TVガイドWeb (nordot.app)
特許庁には何度も足を運んでいますが、実は面接をしたことが無い(「面接希望」を出したのですが、「それには及ばない」として特許性を肯定する方向への返答があったことは何度かあります)ので、
今から次回も楽しみにしています。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

ピンチはピンチ ―弁理士の日記念ブログ企画2022「知財業界での大ピンチ」―


そろそろハムをどうするか悩みに悩んでいるブログ主です。
大変ありがたい賞品なのですが、結婚できなかった一人暮らしアラフィフの家に大量のハムが届くのも、
それなりにピンチです。)

さて、今年もやってきました弁理士の日。
ドクガク先生の企画と連動でお届けいたします。
弁理士の日記念ブログ企画2022へのリンクはこちらです。
 (https://benrishikoza.com/blog/benrishinohi2022/
今回のお題は「知財業界での大ピンチ」とのことです。

ここで「私の経験したピンチの具体例を紹介」!
と行きたいことですが、士業のピンチは相手あってのこと。
なかなか実例を紹介するのは、憚られます。
ただ、10数年弁理士をやってきて、ピンチに共通する原因があるように感じています。

それは「弁理士とクライアント(社内弁理士なら、社内の依頼部門)の認識の食い違い」です。

”士業あるある”ですが、依頼者側と仕事をうける専門家側で知識や理解のベースラインが大きく違います。
依頼者側は「何が分かっていないかさえ分かっていない」というケースも少なくありません。
そして、あとから依頼者側から「そんな事とは思っていなかった」というちゃぶ台返し→案件大炎上というピンチに陥るというのが、
多くのパターンでした。

これを避けるためには、密なコミュニケーションしか手はないと思います。
コロナ禍で難しいのですが、可能な範囲・方法で接触することでピンチにいたる起点をつぶすべく
丁寧な対応に精進したいと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

thx ー 日本弁理士協同組合主催 第4回知財川柳に入選しましたー


コロナ禍で人と会えず、
ネタや演奏を演じる場が減っているブログ主です。

そんな中で、
日本弁理士協同組合主催 コロナ禍で人と会えず、
ネタや演奏を演じる場が減っているブログ主です。

そんな中で、
日本弁理士協同組合主催 第4回知財川柳に応募したところ、
この度、「日本弁理士会会長賞(金賞)」を頂戴しました。
第4回知財川柳入選句発表


コロナ以前、様々な場所でネタを披露させて頂いた際に
暖かいアドバイスを頂きました皆様のお陰と感謝しています。
心より御礼申し上げます.

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

プロフィール

春来亭小龍

Author:春来亭小龍
メーカー勤務の弁理士です。
落語家ならぬ知財業界の落伍者です。
おっさんです。
万年ダイエッターかつ万年婚活中です。

日本弁理士会と日本口琴協会に所属しています。
趣味でジャズサックスと倍音楽器(ディジュリドゥ、口琴)とPalmTopMusic(DS&ipad)をやっています。

音楽と御酒が好きです。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR